だから売れてる!ルイヴィトンの中古バッグが人気な理由

人気の理由1.新品だと定価が高いから

ルイヴィトンといえば、誰もが憧れる超高級ブランドですよね。

公式で販売しているバッグの価格帯は、1つ100,000円以上するのは当たり前で、高い物では500,000円近くなります。

この様な新品を購入するとなると、なかなか手が届きにくいものですが、中古のバッグであれば定価より大きく値段が下がっているので、誰でも購入しやすいのです。

特に、現在は若い世代の人でも高級ブランドのバッグを持ち歩いていることもあるので、お小遣いやバイト代だけではルイヴィトンの新品は購入できなくても、中古であれば十分手の届く範囲になります。

人気の理由2.長く愛されているモデルがあるから

ルイヴィトンをはじめとする高級ブランドの良いところの1つは、発売から長く愛されているモデルがあるということです。

飽きないデザインと好評の「ダミエ」は1885年、誰もが一度は目にしたことのある「モノグラム」は1896年、大人の女性がずっと使える「エピ」は1985年に発表されたラインですが、今でもまだルイヴィトンの王道デザインとして多くの人に支持されています。

縫製や使用している金具など、細部のマイナーチェンジはあっても、大幅なデザインの変化というのはそれほどありません。

年齢を重ねたり、時代が変化しても、流行に左右されず長く使い続けることのできるルイヴィトンのバッグだからこそ、中古であっても高く評価されているのです。

人気の理由3.アジア人観光客も購入するから

和食の無形文化財登録や2020年東京オリンピックなど、今世界的に日本という国が注目され、それに伴って観光客も増加しています。

特に、韓国・中国・台湾といったアジアからの観光客はここ数年で急増していて、2012年1月と2017年1月を比べると、たった5年で約150万人もの観光客が増えているのです。

アジア人観光客のお目当ての1つは、ルイヴィトンのバッグをはじめとする中古のブランド品だと言われています。

特に、中国や韓国ではコピー品の流出が多く、安心して中古のブランド品を購入できないという状況もあるので、日本で観光に来た時に中古のルイヴィトンやエルメスを購入して帰国するのです。

綺麗なほど買取価格が高くなる!

国内外ともに中古バッグの人気があるルイヴィトンは、綺麗なうちに買取ってもらう事で高く売れます。

日本人でも外国人でも、中古のバッグを購入する人は、できるだけ綺麗なバッグが欲しいと思っているので、状態が悪くなればなるほど価値が下がってしまいます。

特に、バッグの様な革製品は、傷や水に弱く、時間とともにぬめりや劣化が出てきてしまうので、いらないからといってしまったままにしておくのは止めましょう。